見積りの取り方

パンフレット作成での見積もりの取り方とは

パンフレット作成で必要なのが見積もりです。
これは何ページ何枚のパンフレットを何部作るか、ということを明確にし、その上でどのくらいの費用がかかりそうか考えるために必要なものです。

最近のパンフレット作成の見積もりには、ある特徴があります。
それはデザイン料とパンフレット印刷料、その他の手数料などが一つにまとまっているということです。

このため、見積もりを見るとただ「パンフレット作成料」としか記入していないこともあります。シンプルなパンフレット作成ならそれでも構いませんが、いろいろ比較したい企業の場合は不便になることもあります。
また、追加での費用がかかることもあります。

一つはさまざまなサービス料です。例えばスピードコースなどの早く作るコースに関しては、早く作るための追加料金がかかることもあります。これはそのページ数や内容のボリュームなどによりますが、それぞれのデザイン制作会社などによっても大きく違いますから、パンフレット作成で急いでパンフレットが必要という場合は考える必要があるでしょう。

また、特殊印刷の場合にも費用がかかります。これは特殊な形で印刷する場合や、印刷所が考えていない大きさでの印刷にしたかったり、ユニークな形にした場合も特殊印刷となります。また、ホログラムを入れたり、ラメや金箔、くり抜きやエンボス加工などの加工料がかかる場合もあります。このような特殊加工に関しては特に印刷所などでは高額になることもあります。

一方、パンフレット作成だけではなく、例えばパンフレットからリーフレットを作ったりする場合はおまとめでの割引が聞いたり、2つをそれぞれ別の会社で作成するよりは手間や費用がかからないこともあります。このため、他の印刷物を作りたい時にはまとめて依頼するのも安くする方法だったりする場合もあります。
また、部数が多いと比例して価格が高くなることもあります。ただし、数千円から数万円程度の違いとなる場合もあります。むしろページ数が増えたことによる印刷の違いが大きな問題になる場合もあります。

ちなみに、このような見積もりは複数の印刷所によっても違うでしょう。
項目が細かく分かれている見積もりのほうが丁寧、という印象をあたえることは多いのですが、実際に作れるものと見積もりが適切かどうか、ということはまた違うようです。

ちなみにざっくりとした価格は印刷所などのウェブサイトで掲載されていることもあります。徹底的に安い所が良いのなら、たくさん比較するのも方法ですね。”

Copyright(c) 効果的なパンフレット作成を行うには発想が大切 All Rights Reserved.